アトピー対処法

アトピーを正しい対処方法している方は少ないです!

アトピーというのは、慢性的な痒みと炎症を起こした肌の赤みが主な症状です。その痒みは常に患者を悩ませており、自身で意識していなくても肌を掻きむしってしまい、皮膚の皮がめくれたり、角質がはがれることによって浸出液が出たり乾燥した肌、引っ掻き傷などが目立つようになります。アトピー性皮膚炎は子どもだけではなく、中高年になってから何らかのアレルギー反応を示すようになる方も増加しています。主な原因としては、大気汚染などの環境の悪化や、化学物質に溢れた日常が影響しているといわれています。

アトピーの主な原因と症状を知ろう!

アトピーの主な原因というのは皮膚の免疫機能異常が原因です。ある特定の物質に過剰に反応してアレルギーを引き起こし、皮膚に炎症を起こします。こういった免疫機能の異常というのは、IgE抗体などの免疫機能を親からの遺伝因子で受け取っている事も一つの原因といわれています。ですからアトピーの検査というのは、まず血液検査によるIgE数値が高値にあること、家族の中で喘息やアレルギー性の鼻炎、皮膚炎、花粉症の方がいること、肌の慢性的な痒みや湿疹、赤みを帯びた炎症が起きていることでアトピー性皮膚炎と診断されます。

 

アトピーの肌質を変えてくれる対処はこちらから!

アトピーの主な対処方法とは

アトピー性皮膚炎の治療にはステロイドなどの抗炎症薬と皮膚状態の改善を図るための保湿やオイルが処方されます。このステロイド薬というのは、皮膚の炎症を抑えて皮膚の痒みや赤みを抑えるのに重要ですが、毎日必要以上に塗る必要はありません。使用方法を間違えて使うことで、ステロイド薬の副作用に悩まされている方も多いので注意しましょう。炎症が治まった際にはステロイド薬の使用を直ちに中止し、肌質を整える方向へ考え方を転換していくことが重要です。肌質を整えることによって、紫外線や埃などの外部からの刺激に耐えうる肌になること、きめ細かい表皮は汚れが沈着するのを防ぎ、汗などによって洗い流され清潔に保ちやすいなどのメリットがあります。例えば化粧水や保湿クリームを使用する場合に気をつけなくてはならないのが、必要以上に塗る事はありません。荒れている箇所に少量を引き伸ばすように広げるとベタつきがなく埃などの刺激物質が付着しやすい環境を減らすことができます。また、成分ですが、できる限り天然に近いものを選び、化学物質による刺激が少ないものを選ぶと良いでしょう。アトピーの炎症症状と肌質の改善を交互に切り替えて痒みを感じにくい肌に変えていきましょう。

 

アトピー痒みを抑えて肌質を変えてくれるサイトはこちらから!